便器を外すという方法

トイレがつまってしまった場合、対処法はいくつかあるのですが便器を外すのも一つの手です。便器は台座の上にのせられている状態になりますので、特に力任せに行うでもなく、持ち上げる程度の力でも外せるのです。もちろん女性でも可能です。便器がある状態だと中がどのような状態になっているのか分かりませんが、便器を外すことによって中が見えるケースもあります。

中さえ見えればなぜつまっているのかも簡単に分かりますので原因もすぐに解決出来るのですが、便器が外せないタイプのものもあります。特に昨今では便器とウォシュレットが機械で一体式となっている物があります。このようなタイプの場合、便器を外すのが少々億劫なケースもありますが、便器を外せば自分自身の視界も広がりますので、一度トイレがつまっていない時に練習してみると良いでしょう。

一度外すコツさえ掴めれば決して難しい物ではないと気付きますので、トイレがつまってしまった時に慌てずに便器を外して問題を解決出来るかもしれません。難易度は難しくはありませんし、原因次第ではトイレのつまりを解決出来るかもしれませんので、便器の外し方は覚えておいて損はしません。是非覚えておきましょう。

 

薬剤によるつまりの解消

薬剤の大きなメリットは手間がかからない点です。便器を外すにせよ、一般的なラバーカップで何とかするにせよ、自分自身の手を煩わせることになります。ですが薬剤であればトイレに入れるだけです。後は薬剤が溶けた際に出てくる酵素等の力によって解決してくれるのです。この場合、軽度なつまりであれば解決する可能性も高いのですが、頑丈なつまりの場合、薬剤程度ではビクともしないケースも珍しくありません。薬剤に頼るという方法もあります。トイレのつまりは原因が様々ですが、対策も講じられていますので、つまり解消アイテムも多数登場していますので、それらを頼るのも良いでしょう。これもまた、必ず解決出来ると断言出来るものではありませんが、薬剤の力でトイレにつまっている異物を溶かしたり動かしたりにより、トイレつまりを解消してくれるのです。

それでもまずは試しに薬剤を用いてみるのも手です。仮にですが、薬剤を用いてつまりが解消されるようであれば問題は解決しますし、解決出来ないようであれば便器を外すなど次の手に進めば良いのです。とりあえずという気持ちで試す分には手間がかからない分適している方法になりますので、トイレに常備しておくと良いでしょう。

トイレつまりが治らない……

トイレがつまってしまうと、水が溢れてくるばかりは時には異物等も混ざっていて匂いの面で大変な状況になってしまったり、トイレはおろか部屋そのものが水浸しと異臭で大変な状況になってしまいます。しかもトイレのつまりで厄介な点といえばなぜトイレがつまるのかよく分からない点です。自覚があれば原因も分かるのですぐにでも問題を解決出来るのですが、トイレがつまった際、誰もがなぜつまったのか分からずに四苦八苦させられるケースが多いのです。

トイレを済ませてから数時間後にトイレのつまりに気付くケースもあるでしょう。むしろすぐにつまったと分かるケースの方が稀です。そのため、なぜつまったのか。一体何が悪いのか分からないので、どうすれば良いのかが分からず、右往左往するばかりとなってしまうケースが多いのです。そこでトイレがつまってしまった際、どうすれば良いのかをいくつかご説明します。

トイレがつまってからですと冷静さがないのでパニックになるだけではなく、解決法を見てもピンと来ない人も多いのですが、冷静な時にトイレがつまったらどうすべきなのかを知っておけば、いざという時にもある程度は安心出来るはずです。どのような問題が潜んでいるのかも含め、トイレがつまってしまった時には何をすべきなのか。そもそもなぜつまってしまったのかを考えると共に、効果的な方法もお話します。いつ起こるか分からないだけに、知っておいて損をすることはありません。